発心 - 詩の保管をするところ

02« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »04
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03

21

00:35
Thu
2013

No.036

こんざい

こんざい 2013 03 21

2月をたゆませて泳いだ
3月には疲れ切って本当の魚のようになった
あやふやな優劣の判定を何度か食らって
何度かはがれ落ちたうろこから
弱い部分を見せた
よわい人が
尾びれとか背びれとかを動かしながら
立ちすくんでいる

とうめいな声と、
とうめいな涙で
構成されている
ということにしているんです
女子高生という名前は可愛らしいものでした


スカートたちの集団生活を終え、
わたしたちは解放へ進もうとする
前も後ろも見えなくとも
そうしなければならない


わたしは、
わたしの、とうめいではない涙を見て
そのうちまた、涙を流すので
そのうちきっと
思い出したいひとが溢れてくる


さようならは告げないけれどいなくなりたい
なんてわがままを言う間もなく
あなたという人は色あせて
過去という名前に変わる
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。