FC2ブログ

発心 - 詩の保管をするところ

07« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11

21

22:00
Sun
2010

No.024

高揚

新しい名前を探す
けつえきいろのてのひらは
ひらひらと音を立てて
コンクリートの上をのた打ち回る

(あの子が死んでわたし、
新しい名前がつくの)


あの子の
体の
一部として
の器官、が
そこらじゅうに
拍手、喝采

(揉み出るところは
人人にも、よく似ていますね)


黄色い胃袋を手にとって微笑む。
真赤なてのひらには
もううんざりですか。
何とお呼びでしょうか。
秋秋とした空のもとで。


季節の変わり目を踏みにじる
もうすぐあの子があらいざらい
埋められるのを待っていました

わたしに手を振ってひらひら
コンクリートの上をのた打ち回る
もうすぐあの子はあらいざらい
褐色です
埋められます

わたしひとりが光合成
厭き厭きとしたそらのもとで。



1121

スポンサーサイト

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。